HOME アルミの活躍 環境問題と自動車軽量化の意義
2013年10月1日に古河スカイ株式会社と住友軽金属工業株式会社が経営統合し、アルミニウム総合メーカー、株式会社UACJが誕生しました。
アルミワールドでは、旧住友軽金属を代表する光輝アルミ合金板、高光沢アルミ合金板、高強度アルミ合金板、
旧古河スカイを代表するアルミ合金厚板、高精度アルミ合金厚板他、規格・情報を満載しています。
アルミ板、押出品に関するお問い合わせは、アルミワールドからどうぞ。お客様のご要望をお待ちしています。
アルミの活躍

環境問題と自動車軽量化の意義

自動車軽量化が求められる要因
自動車軽量化が求められる要因

地球温暖化防止への取り組みとして、京都議定書の目標達成に向けたCO2 削減への取り組みに加え、中・長期的な観点に立って、低炭素社会の実現を目指し、低燃費技術や次世代自動車 の開発等、CO2排出量削減に向けた取り組みが求められている。

CO2削減の方策は、車両の軽量化以外に、パワートレインの変更( ハイブリッド化、電気、 燃料電池、水素利用等)、エンジン効率の改善、摩擦低減、空力性能の向上など様々な方策がある。

一方で商品性を高めるために安全性、快適性、利便性等の機能が付加されたため、年々車両 重量は増加しており、車体を軽量化しないと運動特性が劣化し、本来の商品性を損なう事となる。

これらの側面においても、軽量化及びリサイクル性に有利なアルミ材料は、近年クローズアップされており、その活用が益々期待されている。

ここまで日本は自動車の2010年規制の燃費を既にほぼクリアーしているが、2015年を目標に欧州の2012年度自主規制値並み(CO2 120g/km以下)の厳しい規制を新たに決定し、それらの 達成に向けて自動車メーカーが検討を進めている。

環境問題と自動車の対応策
主要な環境問題 自動車の対応策
地球温暖化の懸念 ・CO2温室効果ガスによる地球温暖化 ・燃料消費効率の向上
・CO2排出の少ない代替エネルギーへの転換
大気汚染および酸性雨 ・NOx等による健康被害への懸念
・SOx , NOx等を含む酸性の強い 降雨に よる森林・湖沼への被害
・自動車排出ガス清浄化・クリーンな代替エネルギーへの転換
オゾン層の破壊 ・一部のフロンガスによるオゾン層の破壊に伴う有害紫外線の増加 ・特定フロンガスの廃止、回収、再利用
廃棄物処理 ・廃棄物の増大 (処理能力不足) ・資源再利用(材料、エネルギー) (廃棄物の減量化)
ガソリン車の2010年度平均燃費目標値
ガソリン車の2010年度平均燃費目標値
乗用車等の2015年度平均燃費目標値
乗用車等の2015年度平均燃費目標値
主な燃費改善技術
主な燃費改善技術

クリーンエネルギー車等の出荷台数推移

クリーンエネルギー車等の出荷台数推移

クリーンエネルギー車の普及台数

(単位 : 台)
年 度 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010
電気自動車 4,700 5,600 7,700 8,500 9,900 9,400 9,400 8,900 8,473 16,882
ハイブリッド自動車 74,600 91,200 132,500 196,800 256,600 346,900 441,300 536,500 983,831 1,418,400
天然ガス自動車 12,012 16,561 20,638 24,263 27,605 31,462 34,203 37,117 38,861 40,429
メタノール自動車 135 114 58 33 26 20 20 17 13 12
ディーゼル代替
LPG自動車
14,962 17,054 19,483 20,670 21,868 23,007 22,917 22,508 21,812 20,764
合 計 106,409 130,529 180,379 250,266 315,999 410,789 507,840 605,142 1,052,990 1,496,487
出所: ( 社)日本自動車工業会
資料 : 次世代自動車振興センター、日本ガス協会、自動車検査登録情報協会

乗用車車種別普及目標(政府目標)

次世代自動車戦略2010 乗用車車種別普及目標(政府目標)
  2020年 2030年
従来車 50~80% 30~50%
次世代自動車 次世代自動車 20~50% 50~70%
ハイブリッド自動車 20~30% 30~40%
電気自動車
プラグイン・ハイブリッド自動車
15~20% 20~30%
燃料電池自動車 ~1% ~3%
クリーンディーゼル自動車 ~5% 5~10%
出所 : 経済産業省報道資料

お問合わせ先
本社
〒100-0004
東京都千代田区大手町1-7-2
(大手町サンケイビル)
TEL:03(6202)2600(代表) 
中部支社
中部軽金属部
〒460-0022
名古屋市中区金山1-13-13 (金山プレイス)
TEL:052(324)4710 FAX:052(324)4730
関西支社
関西軽金属部
〒530-0005
大阪市北区中之島3-3-3 (中之島三井ビル)
TEL:06(6479)5120 FAX:06(6479)6300
北海道支店
〒060-0003
札幌市中央区北三条西3-1-25 (NREG北三条ビル)
TEL:011(241)4651 FAX:011(221)3254
静岡支店
〒420-0857
静岡市葵区御幸町5-9 (静岡フコク生命ビル)
TEL:054(255)2471 FAX:054(255)6210
九州支店
〒812-0011
福岡市博多区博多駅前2-2-1(福岡センタービル)
TEL:092(436)3341 FAX:092(436)3349